会社を立ち上げよう|ハウスクリーニングを開業するメリットとは

男性と女性

介護事業の独立方法

介護

独立するまでの一連の流れ

介護事業を行う場合、フランチャイ経営を行うのも一つの方法です。介護事業は、従業員募集、採用、営業活動などの様々な業務があることから、介護フランチャイズに加盟するメリットは大きいと言えます。介護フランチャイズを行う場合、次の流れに沿って行うといいでしょう。まず、問い合わせや資料請求です。FC募集情報を確認し、電話やメールなどで資料請求を行いましょう。また、その時に質問や疑問点などあれば問い合わせてみてください。次に説明会です。説明会では、事業における初期投資の金額、収支、具体的な事業内容の説明が行われます。また説明会では、現在事業を行っている施設や店舗などを見学する場合もあります。見学があれば積極的に参加しましょう。事業所の雰囲気、現場スタッフの働きぶりなどを確認できます。説明会に納得できたら、いよいよフランチャイズ加盟です。デイサービスなどの介護施設の申請は法人が必須条件になっています。フランチャイズに加盟すれば申請の件も含め、様々なノウハウを提供してもらえます。介護フランチャイズの加盟が終わると、次は研修や物件探しです。ここでは、フランチャイザーから、介護施設の申請、開業までの手順を学びます。また、同時に事業所の物件選びも行いましょう。次は人材募集です。新聞広告、求人情報、インターネットなど、様々なところで求人募集を行います。面接によって、最適な人材を選びましょう。採用が決まれば、次は店舗の改装工事や備品の調達です。事業所の改装や、必要な備品や車両などを購入します。そして都道府県への届出をしたあと、介護フランチャイズ事業がスタートします。